2017年05月22日

ひときわ印象的なものになるはずだ

早速複製して送ったら、たいへん喜ばれた。何年か経ってから、渡す機会があったり、思い出したりしたときに、手渡したり、送ったりすると、その感慨は、ひときわ印象的なものになるはずだ。

遠く離れたところにいる友人とは、なかなか接触する機会がない。年に一回の年賀状のやりとりによって、辛うじて安否を知る程度である。「一度くらい連絡してみようか」と思うこともあるが、単に思うだけであって、なかなか実行に移せない。

  


Posted by talking at 11:31Comments(0)

2017年04月21日

公衆トイレに顔認識ソフト、ペーパー泥棒を防止

中国・北京にある天壇公園でトイレットペーパー泥棒が横行する事態に業を煮やし、管理当局はこのほど、トイレの個室に顔認識ソフトウェアを導入した。

利用者がペーパーを引き出すためには、まずコンピューターの画面を見つめて顔面を認識させる必要がある。ペーパーが供給されるのは1人につき1回のみ。報道によると、同じ人物が追加のペーパーを必要とする場合は、そのまま9分間待たなければならない。

天壇公園では、主に高齢者がかばんやポケットにトイレットペーパーを詰め込んで持ち去る事例が後を絶たないという。同公園でCNNの取材に応じた地元住民は、1940~50年代生まれと思われる人がペーパーを持ち去っているようだと話し、「あの時代の人々はとても貧しかった。彼らは今も貧困を恐れている」と語った。

顔認識の導入については、「公共資源を無駄使いする人が大勢いる」という理由で、不便だが必要な措置だと話している。

同公園をよく訪れるという別の住民も「何十年も前にこうすべきだった」と主張した。

中国ではこれまで、トイレットペーパーは使用者が持参することが前提とされ、ペーパーを置かない公衆トイレも多かった。しかし国内外からの観光客の増加に伴い、ペーパーを設置する公衆トイレも増えつつある。

顔認識ソフトの導入はプライバシー不安を生じさせかねない。

しかし天壇公園で取材に応じた別の女性は「ただでトイレットペーパーを持ち去ろうとここに来る人たちは、その時点で自ら尊厳をなくしている。そんな人たちに、個人のプライバシーとは何かが理解できるだろうか」と問いかけている。  


Posted by talking at 14:17Comments(0)

2017年03月22日

ある意味では気味が悪い

電話を受けたときには、その部屋の滞在客の名前がわかるようになっているので、従業員はそれを「読む」だけでよいのだ。顔を合わせたこともない人から名前で呼ばれるのは、ある意味では気味が悪い。

こちらは先方について知らなくても、先方はこちらについての情報を持っている。プライバシーを侵されたような気がしなくもない。こちらの顔を知らない人が名前で呼んで、知っている人が名前で呼んでくれないというのは、いずれにしてもバランスを欠いている。  


Posted by talking at 17:16Comments(0)

2017年02月20日

結婚は決して買物と同じであってはいけない


二番目は第二義的な事柄にまどわされないこと。すべて第二義的な条件である。結婚は決して買物と同じであってはいけない。三番目は他の何よりもまず、本物の愛情がなくては結婚を考えるべきではないということである。

冷たい損得勘定と愛情を置きかえたり、家の財産やその他の好条件――たとえそれが貴族の位や一国に相当するというような条件であっても――と愛情とを引き換えるようなことは一瞬でも考えるべきでない。  


Posted by talking at 11:15Comments(0)

2017年01月20日

レザー小物はギフトの定番ですね

「レザー小物はギフトの定番ですね。

バーニーズ ニューヨークのオリジナルのもので、よく見るとキャビアのような表情の型押しレザーを使っていて高級感があります。

傷が付きにくい素材で長く愛せます。また、ロゴや金具はゴールドでラグジュアリー感がありますね。

財布はカードポケットがたくさんあり使いやすいです。また、名刺入れはカードも入る大きさですので、パスケースとしてもご使用いただけます。
飽きのこないベーシックなデザインで上質な素材使いの小物類なので、きっと喜んでいただけるはずです」  


Posted by talking at 11:26Comments(0)

2016年12月21日

自己流の努力をしている人も少なくない

しかし、それは不可能である。ただし、その報いは必ずいつかは来るのだが。人生も終わりに近づき、仕事から引退した人が往々にして心身を病むのは、そのような理由からである。

そして、人生を楽しむことも、他の人を幸福にすることもなく、かえって自分や周囲の人々の不幸の元凶になってしまうのである。勤勉という習慣が大切だというのは社会的通念である。なおいっそうの動勉な習慣をつけようと、自己流の努力をしている人も少なくない。

  


Posted by talking at 11:32Comments(0)

2016年11月26日

K・ウエスト「トランプ氏支持した」 公演中の告白にファン騒然


ラップ界のスーパースター、カニエ・ウエスト(Kanye West)さんが17日、米大統領選では共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏を支持していたと公演中に打ち明け、ファンを騒然とさせた。一方、2020年の次期大統領選に出馬する考えを捨てていないことも示唆した。

 今回の大統領選では、ミュージシャンやアフリカ系米国人の間では民主党候補のヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)前国務長官を支持する声が圧倒的だった。しかしウエストさんはこの日夜、カリフォルニア(California)州サンノゼ(San Jose)で行った公演で、投票には行かなかったと聴衆に明かした上で、投票したならトランプ氏を選んでいたと語った。

「俺はセレブだから、(トランプ氏の)討論を大いに気に入っていたことを人前では話すなと周りから言われていたんだ。だけど、彼のやり方はすごく好きだった」。ステージ上で長広舌を振るったウエストさんはそう吐露した。これには客席から激しいブーイングが湧き起こり、ソーシャルメディアでも驚きの声が次々と上がった。  


Posted by talking at 10:30Comments(0)

2016年11月01日

欅坂46、「ナチス風」ハロウィーン衣装でネット炎上

日本のアイドルグループ「欅坂46(Keyakizaka46)」が、10月に開催されたハロウィーンコンサートで着用していたミリタリー調の衣装について、ナチス・ドイツ(Nazi)の軍服に似ているという批判が集まり、物議を醸している。

 問題となっている衣装は、10月22日に横浜で行われたコンサート使われたもので、黒のワンピースとマントに加え、帽子には、ナチス・ドイツの国章でかぎ十字の上に描かれていたクロワシに似た金色の鳥の飾りが付いていた。

 公演後には、ソーシャルメディアがこの衣装の話題で炎上。ツイッター(Twitter)では、このような衣装を選んだことについて「許し難い」、「容認できない」という声が上がっている。

 ドイツの首都ベルリン(Berlin)在住の日本人作家、六草いちか(Ichika Rokuso)氏は、「終戦から71年が経ちましたが、家族や友人など大切な人の命を奪われた遺族はまだ大勢いらっしゃいます。日本にも。その方々にとっては過ぎた事、昔の話ではないのです。気づいてあげてくださいね」と諭した。

 また、この衣装を着たメンバーの画像とナチスの軍服を並べた写真を掲載し、怒りの声を上げるツイートも相次いだ。バンドによる売名企画と受け止めたあるユーザーは、「衝撃的なマーケティングだ」と憤りを示した。本件に関し、グループ側からのコメントは出されていない。  


Posted by talking at 12:01Comments(0)

2016年10月07日

NYコレクション、トレンドトップ10

1. インスタントな満足感
「トミー ヒルフィガー(TOMMY HILFIGER)」「トム フォード(TOM FORD)」「ラルフ ローレン(Ralph Lauren)」は、いわゆるファッションカレンダーから離れ、春夏コレクションを「See Now Buy Now(ショーで見てすぐ買える)」方式で発表。「マイケル・コース(Michael Kors)」、「トリー バーチ(TORY BURCH)」「アリス アンド オリビア(ALICE + OLIVIA)」も季節を越えてすぐに着られるアイテムをセレクトし、すぐに販売を開始した。

2. フラワーパワー
花柄が大人気。「マイケル・コース」のドレスやビキニ、「アナ スイ(Anna Sui)」のデイジードレス、「トリー バーチ(TORY BURCH)」のパッチワークにも大きなフラワープリントが使われた。

3. ブラに注目
この夏、フランスは「ブルキニ」議論でもちきりだったが、ニューヨークのキャットウォークはブラそしてビキニが大きな話題に。「ジェレミー・スコット(Jeremy Scott)」ではジッパーをあしらったレザーのブラが注目された。  


Posted by talking at 12:26Comments(0)

2016年09月12日

もちろん舞台演出もずっと続けている

同時に、構成作家、パンドのギタリスト、映画監督などの肩書きもある。もちろん舞台演出もずっと続けている。その上に、エッセイスト、小説家、ラジオパーソナリティなども、この数年で加わった。

20代の生活は舞台一色で、僕にとってはずっと、(東京・下北沢の)本多劇場で芝居をすることだけが目標であり、ゴールでした。それ以外のことは関心がないし、(住んでいる)吉祥寺と下北沢が僕の世界のすべて。それを元にして、吹に何をするべきか、慎重に選んでいるのが、今の僕。  


Posted by talking at 15:23Comments(0)